事業内容

【UAS(ドローン)に関するコンサルティング業務】

オムニコルR&Dでは、2012年から、ロボティクスの技術と暗号化技術が駆使された、世界最高峰のUAS(以下、ドローン)を日本国内の民間市場に導入することを皮切りに、多くの企業様のドローン事業へのコンサルテーションを行ってまいりました。

今では、ドローンが産業分野で活用されるニュースは、多くの方が可能性を感じ、注目されるまでになっていますが、2012年には、日本国内で、実用に耐えられるドローンは、ほとんどありませんでした。

「ドローンを何に使えるのか」が誰もイメージできない時代から、ドローンの導入と業務での活用の可能性を根気よく探求し、産業分野での活用を牽引してまいりました。主なものとして、災害時の現状把握での活用、橋梁点検、メガソーラの点検、インフラ点検、航空測量、生態調査、精密農業と多岐にわたる分野に携わっています。

また、ドローンのメリットもデメリットも精通しているからこそ、アンチ・ドローン対策にも取り組んでおります。事例としては、ドローンを使った産業スパイ対策等のアドバイスを行っています。ドローンと社会が共存するためには、アンチ・ドローン対策への取り組みは、必要不可欠な課題と確信しています。

ドローンに関わってきて5年。5年前に、ラジコン由来のドローンでは、将来性への不安と複雑な業務をこなすことはできないと考え、海外のロボティクスを活用したUASの存在に、技術力の高さ、製品理念が社会を変える一翼になる可能性を感じ、海外ベンチャーを中心にロボティクスや各ソリューション分野のIoTを相性が良い分野と裾野を広げて、パートナ関係を構築してきました。

オムニコルR&Dの強みである「最新技術を見極める眼」を通じて、独自の海外企業とのネットワークを海外企業とのネットワークの活かし、常に新しいプロジェクトに取り組んでいきます。

【海外企業のローカライゼーション・サポート業務】

オムニコルR&Dは、日本市場への参入を考えている海外企業様の日本での拠点の立ち上げのコンサルティング業務を行っています。

Kolor SAS(フランス)の正規代理店及び法人向け教育プログラム業務
DroneShield社(アメリカ)のテクニカルサポートセンター(Droneshield.jp)

【企業向け新規事業のコンサルティング事業】

ロボティクス及びIoT分野などの新しいテクノロジーの技術調査及び企画立案を中心とした事業のプロトタイプのご提案を行います。

  • 無人ロボット探査機(UAS)の運用とビジネス活用に関するコンサルテーション
  • 精密機器の輸入・輸出とそれに伴うローカライゼーション・サポート業務
  • ロボティクス分野などの新しいテクノロジーの調査及び企画立案(事業プロトタイプ)
  • CSR向けの企画立案・コンサルテーション    など

【コーディネート業務】

ソーシャルベンチャーに関する支援サポート業務
セミナー・研修・ワークショップの企画立案
海外企業の特許マネジメントサポート業務

<会社概要>

商号:株式会社オムニコルR&D
(英文社名: Omnicol R&D Inc.)

役員:代表取締役社長(CEO):中村 和美( Kazumi Nakamura )
取締役(CTO):平野 慶 ( Kay Hirano )

 お問い合わせはこちら