Photogrammetry

PhotoGrammetryとは

複数の写真からある特定の特徴点の見え方の角度、光学レンズの特性から得られた距離を計算し、連続的に三角測量を行い、被写体の3次元データを取得する方法です。
古くから衛星/航空測量などで用いられてきましたが、最近はUAVを使った航空測量などに用いられることも増えてきました。

用途

最近では、コンピューターの能力が飛躍的に進歩したことで、都市計画などの為の大規模な計測から、VR用コンテンツ作成のためのツールとして、また、文化財の精密測量、災害時の被害状況評価など、幅広く応用されています。

サービス

弊社では、OculusなどのHMDなどで利用可能な360°パノラマ動画とともに、Photogrammetryを用いた3Dモデルの制作プロセスも併せて活用するコンサルテーションを提供いたします。
特に最近では人口密集地においてUAV(いわゆるドローン)を用いることが大変難しくなっているため、産業分野での3Dモデルの活用もご提案させていただきます。詳しくはお問い合わせください

ShowCase

Photogrammetryのサンプルはこちらをご覧ください

 お問い合わせはこちら