映像クリエイター用クラウドファンディングプラットフォーム

専用OTTストリーミングプラットフォームにて、独自のコンテンツを掲載するためには、コンテンツ制作費用を捻出する必要があります。広告スポンサーのバイアスを受けることなく、高品質なコンテンツを作成し、公開するために、OTTストリーミングサービスと密接に結びついた、資金サポートシステムの必要性を感じ、構築したシステムです。

独自性と採算性

映像コンテンツを、表現の手段として自由に制作、配信するには、独自の独立した資金サポートシステムが必要です。また、動画配信プラットフォームの運営ポリシーやスポンサーの意向によって、表現にバイアスがかかる可能性もあります。

それらの懸念から、独自OTTシステムと密接に結びついたクラウドファンディングプラットフォームを制作しました。

アルファ版の実証サイトをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です